ゲレンデで立てない、立ち上がれないときは

navigatorわたしってカラダが、普通の人より固いの?

「もともと運動は、あまり得意じゃないけど・・・。」

斜面でスムーズに立つ、立ち上がるコツ

ドキドキしながら初めてリフトに乗って、なんとかリフト降り場までやってきました。
リフトを降りると、みんながボードをセットしているスペースがあります。そこまで移動して、時間をかけて両足にボードをセット完了。
「さあ、行ってみよう!」と思ったら、ズルッと滑ってスッテンコロリン、転んでしまいました。もう一回立とうとしてもボードがズルズル滑って立てない。

(あれれ、立てないよ・・・・。いったい、どういうこと?)

これって、初めてスノボをする人には、よくあることのひとつです。

スノーボード(板)は雪面にピッタリくっつけているとズルズル滑って、そのまま立ち上がろうとしても、踏ん張りがきかなくて、立ち上がることが困難になってしまいます。

リフトを降りてボードを両足にセットするときや、なんらかの理由からゲレンデの途中で再度ボードをセットするときなどは、あらかじめ腰を下ろす(お尻をつく)前に、ボードが滑らないように雪面に足場(ゲレンデにくぼみ)をつくっておくことです。

下のイラストをご覧ください。

asiba

エッジで雪面を削って、足場を確保する

こんな感じでボードのエッジで(ヘリとでも言いましょうか。スノーボードをやる人はヘリとは言わないんですけど、初心者のかたの説明にはヘリのほうがわかりやすいかなと思いまして・・・^^)雪をガツンガツンと少し削ってやるわけです。

あっ!フカフカの雪のときはこれをやる必要はないですよ。固めの雪質や、立ち上がろうとしたけど滑ってしまって、うまく立てなかったというときにやってみてください。

こんなふうに足場をつくってやるとボードが流れない(滑り出さない)ので、足にも踏ん張りが効いて楽に立ち上がることができます。なお立ち上がるときは、足は伸ばした状態ではなく、ボードをなるべく自分の近くに(お尻の近くに)持ってきたほうが立ち上がりやすいですよ。

ゲレンデの斜面でスムーズに立てない・立ち上がれないのは、ちょっとしたコツがわからなかったり、ツルツル滑るボードの動きに慣れていないことが原因です。
決してあなたが、ほかの人よりカラダが固い(硬い)というわけでも、運動神経が劣っているというわけでもありません^^

さあ、元気を出してどんどん練習してみましょう!