危険な春先のゲレンデ

navigator春先の雪質は、やっかいです。

「なんだかとっても滑りにくいみたいです。」

雪質(ゆきしつ)が変わっていますとは?

天気予報のお姉さんが「3月になって雪質が変わってきています。スキー、スノーボードに出かける方は、十分注意して楽しんでください。」と言っていました。これってどういうことでしょう?
気象の世界では12月、1月、2月が「冬」で、3月からは「春」と定義されているそうです。冬が苦手な人達には待ちかねた季節の到来かもしれませんが、スノーボードが大好きな私達にとっては、シーズン終了が近いことを意識せざるを得ません。(涙)

3月のスキー場のゲレンデは状況が一変していました!?

春先の雪質は1月・2月のハイシーズン、いわゆる冬本番とは大きく変わってきます。
どのように変わってくるかというと「快適に滑ることができなくなる」ことが多くなります。

地域やスキー場の立地(標高など)によって一概(いちがい)には言えませんが、3月になると日中の気温が10℃以上、場所によっては15℃くらいまで上昇するスキー場もあります。
これぐらい気温が高くなれば、ゲレンデの雪はどんどん溶けてしまいます。

しかしゲレンデの雪は、均一に(一斉に)溶けていくわけではありません。

太陽の角度や木陰で陽射しが遮(さえぎ)られるところは、案外溶けにくかったりします。
溶けて水分を多く含んだ雪は、ボードが滑りません。驚くほど滑りません。

例えばリフトに1本乗って、ノンストップで滑ったとします。真冬のあいだはリフト乗り場直前まで気持ちよく滑って行くことができたのに、春先は滑走中からスピードが乗らずリフト乗り場のかなり手前で止まってしまうこともあります。

日陰であまり溶けていないところは快調に滑っていても、太陽にサンサン照らされたところは前述したように、水分を含んでボードが滑らず急ブレーキ がかかったようになることもあります。

これはかなりの衝撃です。順調に滑っていたのが急に足元だけスピードダウン、しかし足から上はスピードに乗っているわけで・・・。
頭から前方に吹っ飛んでしまいます。(わたし体験しました^^;)

春先になると夜間の気温も真冬のようには下がりません。それでも日中は水浸しのようだったゲレンデも、夜間に気温が下がることで凍結して、雪はしまってきます。

翌朝、ザラメ状(こまかい氷の粒状)になったゲレンデをスキー場のスタッフの方が、営業開始前に整地してくれると、営業開始直後から午前中の早い時間までは快適に滑ることが出来ます。

しかし、快適な時間は長く続きません。
皆が滑り出し、スキーヤー、スノーボーダーがハイスピードでエッジを立てて減速やターンを繰り返すと、もともとゲレンデが柔らかくなっていますから、たちまちデコボコ、轍(わだち)だらけのようなゲレンデになってしまいます。
お尻から転んで大きい穴をゲレンデに造るスノーボーダーもいます(^^;

天気が良ければ午前10時ごろには”快適滑走タイム”は終わっていると思います。
あとはデコボコのゲレンデと格闘することに・・・。

春先のゲレンデは雪質が柔らかいため足に疲労がたまりやすく、ゲレンデに「滑るところ」と、「滑らないところ」が出来て転んでしまったりすることがあります。

お天気お姉さんが「注意して楽しんでください。」と言っていたのはこのようなことではないかと思います。