スノーボードにワックスって必要なの?

navigatorお父さんのシュアラスター・ワックス(クルマ用)を、借りちゃおうかな・・・

ボードにおすすめのワックスは

スポーツ用品店やスノーボードショップに行くと、必ず置いてあるのがスノーボード用のワックス。ボードを初めて購入するときに、いかにも初心者という雰囲気を出して(このほうがいろいろアドバイスしてくれるので良いと思います。)店員さんにあれこれ教えてもらいながら購入するボードを決めると「ワックスは絶対、塗っておいた方がいいですよ。」とかなりの確率で言われます。

滑走面に塗るスノーボード用のワックスは、スノーボードをやる人、初級・中級・上級を問わず、ほとんどの方は使っています。その理由はワックスを塗ることでスノーボード(板)がよく滑り、ボードの保護やメンテナンスという側面もあるからです。

スノーボードはそのままでも(ワックスを塗らなくても)、雪の上ではそれなりに滑ります。しかしゲレンデでさらに快適に滑走するためにはワックスやメンテナンスは欠かせません。特に固形タイプのワックスを専用のアイロンで溶かして塗ったボードと、なにも塗っていないボードの滑りを比べてみると明らかに違いがわかります。

wax12001

なぜワックスを塗るの?理由は?

スノーボード(板)はメンテナンスをしないで使い続けていると、滑走面が酸化して白っぽくなったり、滑走時の汚れがついて黒ずんできたりすることがあります。ボードがこういう状態になる前に、適度な頻度でリムーバーで汚れを落として、スノーボード用のワックスは塗るようにしたほうが良いです。

ひとくちにスノーボード用のワックスと言ってもショップで見ると様々なタイプがあります。スプレータイプ、固型タイプ、生塗りタイプなど。用途も湿った雪用、乾いた雪用、など。競技用のワックスまで含めるととんでもないくらい種類が豊富です。

競技用のワックスというのはその時々の雪の状態に最も適したワックスを、スタートの直前まで何回でも塗りなおします。選手自身が行うこともありますが、トップレベルの選手はワックスの選択から塗る作業まで行う専門のスタッフとスポンサー契約していることもあります。

スノボ初心者さんがもっとも使いやすいのはスプレータイプのワックスになると思います。リムーバー(汚れ落とし)とワックス、ワックスを塗った面をなじませるコルクの3点がセットになった商品がとても使いやすいです。わたしもスノボを始めたころはこれを使っていました。

以前は使っていましたが・・・、今は使っていません。

スプレーワックスは、とてもカンタンだけど・・・。

スプレーワックスは塗るのがとてもカンタンです。できればワックスをぬるための作業台のようなものがあればやりやすいですが、わたしは大きめの段ボール箱の上に、ボードのソール(底面)を上にして載せてやっていました。

はじめにリムーバー(汚れ落とし)を吹きかけて、少し時間が経ってからペーパータオル(台所用のキッチンタオル)で拭き取ります。しばらくそのままにしておいて、その後スプレーワックスを吹き付けます。スプレーワックスは放置してもカチカチには固まらないので、数分後にはコルクで全体に均一に伸ばします。

ボードのエッジにサビが出ていたら、専用の消しゴムみたいなサビ取りが売っていますので、これを使ってゴシゴシこするとよほどひどいサビでない限りはキレイに取り除けます。

スプレーワックスは扱いやすくカンタンで良いのですけれど、ゲレンデを数回滑るとすぐに剥(は)がれてしまいます。持久力はまったくなく、わたしの場合は「なにもしないよりは、いくらかはいいのかな。」くらいの位置づけでした。

12004-2

オススメのワックスは固型タイプ

専用のアイロンを使って、溶かしながら使う固型ワックスはスプレータイプより持続性が長く、どなたにも効果を実感しやすい優れたワックスです。わたしはシーズン途中にそれまで使っていたスプレーワックスから固型ワックスに変更しました。

するとボードがとてもスムーズに滑るようになり、半日くらい滑ってからリフト乗車中にボードの裏側(ソール)を見てみると、しっかりワックスが残っていました。わたしのまわりのスノーボードの先輩達は皆、固型ワックスしか使わない理由がわかりました。

これからスノーボードを始める人が、最初から固型ワックスや専用のアイロンを購入する必要はないように思いますが、せめてスプレーワックスセットくらいは購入してメンテナンスをしておいた方がいいのではないかとは思います。