navigatorわたしもスノボに誘われたい、スノボに行ってみたい

1980年代は圧倒的にスキーが人気でした

1980年代後半に公開された映画「私をスキーに連れてって」

skini00001

公開当時はバブル景気(1980年代終盤から1990年代初頭)に突入する少し前くらいだったでしょうか。時代背景も影響しているのか、今とは比べものにならないくらい活気があった時代のように感じます。

景気が良い時代というのは、将来への不安などよりお金をどう使おうかとか、いかにしてお金を増やそうかということに多くの人がエネルギーを向けていた時代のようでした。スキー人口もこの頃がピークに達していたようですが、その後はひたすら減少傾向と言われています。

80年代後半にスノーボードをやっていた人なんて、ゲレンデでは見たことがないと先輩諸氏から聞きました。90年代の半ばくらいからスノーボードとスキーをやる人が半々くらいになったと言われ、その後若い世代はスノーボードで、スキーは中高年層が多くなっているようなイメージがあります。

若い世代がまったくスキーをやらなくなったというわけではなくて、スキー場の近くや周辺の小中高生がゲレンデにポールを立てて、熱心にスキーの練習をしていたり、遠方の中高生がスキー合宿に来ている姿は最近でも時々見かけます。

12013-1

「わたしをスキーにつれてって」の世界にハマりました

先日BSデジタルで放送されていた「わたしをスキーに連れてって」を見ました。ユーミンの音楽がとても効果的につかわれていて、皆で並んで楽しそうにスキーをするシーンなどを見ると、まさに「わたしもスキーに行きたい!」「スキーに連れてって!」という気分になりました。結構ハマりやすいタイプです。ホントのところスキーは出来ないですけど。

もちろんずいぶん前の作品ですから、出演されている俳優さんのファッションやヘアースタイルは、「あれ?当時はこういうスタイルが普通だったの?」と思ったりしますが・・・、内容的にはかなり楽しめました。

4WDが流行の先端だった時代

特に印象的なシーンは女性二人が、深夜雪道をクルマ(トヨタ・セリカGT-FOUR)で走る必要に迫られ、運転席に乗り込んでから一度ドアを開けて路面に手を触れて「凍っているね。」と、道路の凍結状態を確認する場面がありました。

スキー場周辺の道路は夜になると気温がさらに下がって、凍結していることがあります。雪が降り積もった道はスタッドレスタイヤでそれほど苦労せずに走行できますが、カチカチに凍結した道路は思わぬところでスリップしたり、坂道では登れなくなったりして、トラブルになってしまうことがあります。

冬の道路は乾いているところ、濡れているところ、積雪のあるところ、凍結しているところなど、様々な路面状況がありますから、クルマを運転する前に路面に手で触れてその場の状況を確認したからといって、これから先の道路状況はまちまちなわけです。

映画の中の、路面を確認して「凍っているね。」とひとことだけ語るシーンは、切迫感を高めるの効果的な演出だったように思います。

12013-2

凍結路面でクルマはどのように動くか

路面の凍結状況を把握するためにわたしが時々やるのは、前後にクルマがいないまっすぐ見通しの良い、十分な広さのあるところで、低速で走りながら、ちょっと強めにブレーキを一気に踏んでみます。道路が凍っていればズルズル滑って、ABS(アンチロックブレーキ)が付いているクルマでは、そのときブレーキペダルにくる感触やクルマの挙動などが体感できます。

これをやってみるときは周囲に歩行者などもいない状況で、十分に安全を確認してからおこないます。たまにやっておくことで冬道、雪道、凍結路面に対する体験学習ができるというか、ある程度の危険の予知やスリップしたときに慌てないように心理的に余裕が生まれます。

スキー場までの雪道ドライブはくれぐれも速度をひかえて、前のクルマとの車間距離を詰めすぎないで時間と気持ちに余裕を持って走行してください。せっかく彼女に「わたしをスノボに連れてって」と言われてスキー場に出かけたときに、事故ったりしたくはないですから。