モテモテ・スノーボーダーのテクニック!

navigatorモテるスノーボーダーなんているの?

ホントに?

運転が下手(ヘタ)と言わないで

世の中にはなにをやってもスマートな人っています。機転が利くとでも言うのでしょうか。さりげなく気づかいができる男子は女子にも人気があります。そんな人がわたしの身近にもいましたのでジェラシー(!)と尊敬の気持ちを持って紹介してみようかと思います。

男女10数人で3台のクルマに分譲して、日帰りのスノーボードに出かけたときのことです。T君の運転するステーション・ワゴンには、もう一人の男子と、女子2名、合計4名が乗っていました。

12018-1

途中からかなりの雪が降り出しスキー場に着いたころにはまさに銀世界。駐車場の除雪が追いつかないくらいフカフカのいい雪が20cmくらい積もっていました。

スキー場の駐車場に、到着した順番に3台が駐車していきましたが、最後に駐車したT君がなぜか1度駐車したクルマを前に出したり、バックしたり。また前進して、バックしたり。

他の2台のクルマに乗っていたメンバーは「T君て運転があまり上手じゃないのかな?」「何回も切り替えしているね、なぜ?」「普段はスマートなのに運転がヘタっていまいちじゃない。」などと各自勝手なことを思っていましたが。

T君のクルマから降りてきた女子2名から、歓声が上がっていました。「さすがT君!」

一同「??」

モテる男子はここが違う!

T君がなにをしていたかというと、クルマの出し入れをくり返してクルマから降りたときに、靴が雪に埋まってしまわないように、クルマで(タイヤで)雪をならしていたそうです!

クルマでスノボに出かけるときは、車内では運動靴やスニーカーを履いていきますから、このときのようなフカフカの雪が降ったばかりのタイミングだと、クルマから降りたときに「ズボッ!」と靴が雪に埋まってしまうことがあります。

asi_umaru

T君の行動に一同ビックリ!

さらにT君、ステーション・ワゴンのバックドアを開けて、プラスチック(ポリカーボネイト)の軽いスコップを取り出して周囲の雪かきを始めました!!

T君「クルマのまわりで着替えるのに、雪があると邪魔じゃない。」とにっこり。わたしや他の男子は一同あぜんというか「絶対にかなわない・・・。」と思ってしまいました。