この冬、スノーボードやっていたら痩せちゃいました。

navigatorスノボで激やせってほんと?

スノボやってダイエットできたらうれしいなあ。

思ったよりも体力をつかうスノーボード

スノーボードを始めるとやせます。特に冬場に運動をあまりしない、ほとんどしないという人にはかなり効果があります。冬は寒くて屋外に出たくありませんし、出来れば室内でスマートフォンでもいじってゴロゴロしていたいです。

季節のおだやかな春から秋にかけては、ジョギングをやっている人でも真冬の寒さにはくじけて、とりあえず冬のあいだは休んで春になったら、暖かくなったら再開しようと考えたりしませんか。雪のあまり降らない地域であればまだしも、積雪のある地域ではいくらやる気があっても走ること自体むずかしいところだってあります。道路に日中でも雪が残っていたり、凍結している地域ではなかなか走れません。

そんな真冬の寒い時期にスキー場に出かけてやるのがスノーボードですから、「寒い、寒い。」とばかりも言ってられません。気温が氷点下でもカラダを動かしているとそれなりに暖まってきますし、やってみるとわかりますがスノボを1日フルにやるとかなりの体力を使います。

体力をあまり使わずにゲレンデをゆるーく滑るという方法もありますが、スノボ初心者さんに限らずそこそこ滑ることができる人でも、夢中でスノボをやっていたら体温が上がりカロリーも消費されます。痩せるというかカラダを動かすことで、ごろごろしている人とは比べものにならないくらい締まってきます。

12022

これだけでたるみ解消、美ボディーに

少し前にNHKのダイエット特集(ためしてガッテン、夢に見た!たるみ解消、美ボディー実現)でやっていましたが、「歩くだけでカラダが締まってくる方法」があると聞き、急いでメモしました。その方法とは歩幅を大きくして歩く、つまり大股で(ほんの少し歩幅を広げて)歩くということでした。

こうするだけで、太もも、お尻、腹筋などの筋肉が鍛えられてたるみが解消してカラダが締まってくるそうです。これはわたしもすぐにやってみましたが普通にダラダラ歩く(?)のと違って、背筋を伸ばして胸を張って大股で歩くことで腹筋に力が入り、鍛えられていることをすぐに実感できました。目標は1日6000歩なのだそうです。

お金をかけずに身近なところで痩せられる

初心者スノーボーダーのころは、少し滑ると疲れてしまいますが、スノボが好きな人は「疲れないでもっと長い時間を滑れるようになりたい。」と自然と考えるようになります。運動不足の対策としてスポーツクラブやジムに通うという選択肢はありますが、自分にほんの少しだけやる気があれば、どんなに毎日が忙しい人でも1日に1時間程度歩くことは絶対にできないことはないです。

効果的に痩せるためには運動とあわせて食事のことも改善していかなくてはなりません。スノボをやって「おなかが空いたー。」とがっちり食べていたら痩せることはむずかしくなります。適切な量の食事をゆっくり時間をかけて、よくかんで、野菜を多く摂るように気をつければ運動の効果もあって絶対に痩せます。

12022-1

痩せたきっかけは、スノボでした。

スラリとした体型の女性ファッション誌などで活躍されているモデルさんが言っていました。「スタイルを維持するためにいろいろなことに気をつけています。常に体調管理に気を配り、食事は野菜中心にしています。そして欠かせないのが筋トレ。腹筋、腕立てふせ、スクワットを日課にしています。」と。

メディアで活躍するタレントさんやモデルさんにインタビューすると、多くの方が「特別なことは、なにもしていません。」と答えます。そういう方もなかにはいらっしゃるかとは思いますが、大半の人達はそれぞれ見えないところで相当努力しているというのがホントのところではないでしょうか。

新しいことを始めたときって、自分のこれまでのライフスタイルを変える絶好の機会でもありますから、スノボを始めたのを契機に、ウインターシーズンは存分にスノボを楽しみながら、健康的で引き締まった魅力的なカラダを手に入れてみてはいかがでしょうか。