スノーボードキャリア・スキーキャリア

navigatorそういえば、スノーボード場って言う人はいないですね。

やっぱりスキー場ですよね。

うちの軽の車内には、ボードを積めない

クルマでスノーボードに出かけるときに、あると便利なのがスノーボードキャリア。商品名としてはスキーキャリアと言うほうが一般的でしょうか。スノーボードに出かけるときは必然的に荷物が増えてしまいます。ボード、ウェア、ブーツ、ゴーグルにその他小物類に着替えなど。

特にボードは一般的なサイズとして150~160cmくらいはありますから、車内に積むとかなり邪魔になります。ステーションワゴンやミニバンタイプのクルマであれば、積載容量にかなり余裕があるので後部座席を倒して車内に余裕で積むことも出来ますが、セダンタイプのクルマでトランクスルーがなかったり、普段の通勤や買い物には十分なリッターカーとかだと、車内にボードは積めないことだってあります。

12027-2

車内がせまいクルマは、ボードを屋根に載せるしかありません

スノーボードキャリアをクルマの屋根に取り付けて、ボードを車外で運ぶことができれば車内は広々、スペースを有効に使えます。わたしはボード2枚を積める一般的なキャリアを使っています。以前はステーションワゴンだったので、車内に積もうと思えば3人乗車でボード3枚に3人分のウェアなどは余裕で積載できました。

しかし小さいクルマに乗り換えてからはそのような積み方はとても出来なくなりました。一人で出かけるのであれば車内にボードを載せることも可能ですが、ふたり以上ではボードは屋根の上に置かざるを得ないようになってきました。

キャリアにボードを積めば、車内は広々!

スノーボードキャリアを使うメリットは車内に邪魔になるスノーボードを置かなくてよいことと、もうひとつは雪まみれのスノーボードを車内に置かなくてもよくなることです。どういうことかというと自宅からスキー場に出かけるときはスノーボードは乾いています。けれどもゲレンデでスノーボードを1日楽しんで、夕方帰るときにはスノーボードは雪まみれというか雪がたくさんついています。

もちろん車内に積み込むのであれば、雪は払い落としてボードーケースなどに入れてから積み込むと思いますが、表面の雪は手で払い落とせても、バインディングのスキマとかに雪が残っていることがあります。
さらにバインディングとボードを固定するビス(ネジ)のところなどは凍結して氷になって、がっちり張りついていることもあります。

このようになっているとお湯でもかけない限り、なかなか落ちません。

ほかほかの車内では、雪も溶けてしまいます

仕方なく溶けない氷はそのままにしてボードを車内に積んで帰ると、クルマの中はヒーターが効いているのでボードに付着した雪や氷が溶けて周囲がびしょびしょに濡れてしまうことがあります。

スノーボードキャリアがあれば、こんな面倒なことにはなりません。スキー場から帰るときには屋根の上に設置したキャリアに載せて、自宅に戻ってから日当たりの良いところに置いておけば雪も氷も溶けて、見えないところに残っていた水滴も乾いてしまいます。

このまま物置などにしまうのではなく、できれば水分を完全にふき取って、エッジにサビが出ていないかもチェックはしておいたほうが良いと思います。

キャリアにはカギもついています。

スキー場までの行き帰りにスノーボードキャリアを使って、屋根にボードを載せてクルマで走るとボードが汚れるからイヤだという意見もあるかと思います。確かに冬道、雪道を走ると泥をかぶって汚れることはあります。

スキー場周辺の雪の多い地域では道路に融雪剤を撒いていることもめずらしくありませんから、融雪剤がボードに付着してダメージを与える可能性は否定できません。わたしは自宅に戻ったらボードを日当たりの良いところに1日くらい放置して付着した雪や氷を溶かして、そのあとホースで水をじゃばじゃばかけて洗っています。

ボードについた泥汚れも、融雪剤もこれでほぼ落ちてしまいます。

12027-1

ボードをキャリアに載せたまま車から離れて盗まれないかしら?と心配されるかもしれませんが、一般的なキャリアには専用のカギが付属しています。しっかり施錠しておけば、鍵を壊されるなどしない限りは盗難の心配はほとんどないと言えます。