ワイパーブレード(ゴム)のリサイクル?再利用

navigator雪用ワイパーというのがあるらしいですけど

季節によってワイパー交換するんですか?(シラナカッタ)

冬道・雪道運転はワイパーが頼りです

少し前からクルマを運転中にワイパーを動かすと、拭き残しが目立つようになってきました。もう1回動かせばフロントガラスがきれいになるかもと思って、しつこく何度か動かしてみましたがやっぱりきれいに拭き取らないので泥汚れやウオッシャ液がいつもまだらに残っています。

仕方なくキレイに拭き取れない状態のまま走行するしかなく、そのままの状態で走っていると、フロントガラスが乾いて白くなってきました。こうなると運転席からの視界を妨げかなり目障りです。今乗っているクルマは、購入してから1年もたっていません。ワイパー自体はそれほど頻繁に使ってもいないので、わずか1年弱の短期間でワイパーゴムがダメになったのはちょっと意外な感じがします。

クルマ屋さんに行って(できれば無料で)交換してもらおうかとも考えましたが、購入から1年弱というのは無料で交換してもらうには微妙な時期かなと思い、自分で交換することにしました。

冬の雪道運転は普通に走るだけでも神経を使いますし、スキー場に向かう道は雪が降って視界が悪くなってくると、ワイパーをフル稼働なんていうこともありますから、常にワイパーは万全の状態にしておきたいです。

雪用ワイパー、スノーワイパーは高価?

ワイパーの点検や交換くらいは自分で出来るので、現状を確認してみると、ワイパーゴムにヒビという程度ではなく、ところどころ裂けていました!

12028-1

ワイパーゴムがガラスをキレイに拭き取るためには、ゴムがしっかり立っている状態でなければなりませんから、このような裂けた状態では何回ワイパーを動かしても、キレイにふきとってくれないのも納得です。

「冬のドライブにはスノーワイパー」と、カー用品店の広告によく載っています。。「雪用ワイパー」とか「スノーブレード」とも言われています。スノーワイパーというのはワイパー全体をゴムで覆って凍結しないようにしているものです。ワイパーのゴムに雪が凍ってくっついてふきとりがわるくなってしまうことはスキー場の帰り道などではよくあります。

そういうときはクルマを一旦安全なところで停めて、ワイパーゴムを軽く叩いたり、ウインドウにパタパタ押し付けたりして氷を落とそうとしますが、これがなかなか落ちません。外気温が氷点下だったりするとクルマの外に出るのも面倒だったりします。

あるメーカーの雪用ワイパーはマイナス40℃でも拭き取り性能が変わらないラバー(ゴム)を採用しているとのことで、これなら日本中どんな寒いところに行っても使えそうです。

でもスノーワイパーは、どこのメーカーのものも値段がちょっとお高いのが気になりますが・・・。

予備のワイパー・ゴムを切って使ってみようかと

スノーワイパーを買いに行く直前に、前のクルマで使うために買っていたワイパーゴムが残っていたことを思い出しました。ワイパーゴムはクルマによってサイズが違うので、そのまま使えるわけではありません。今のクルマに使うには長すぎるのでゴムを切って使ってみようかと思います。

12028-1-2

1本目は上の画像のように適度な長さにカッターナイフで切って、ワイパーの金具に差し込んで完成しましたが、2本目は予想外なことに、ワイパーゴムが”太い”です。なぜ運転席側と助手席側のワイパーゴムのサイズが異なるのか?おかしな話のようですが、以前ワイパーを交換するときにワイパーのゴムだけでなく、ブレードごと(ワイパー全体を)交換したためこのようなことになってしまったようです。

おそらくこのとき左右のゴムの幅の違いまでは確認しなかったと思います。

12028-2

苦肉の策として太い方(8mm)のゴムをハサミで切って、ブレードに押し込んでなんとか入りました・・・。

運転席側、助手席側ともにゴムを切断したため金具の端を止める部分がありません。ワイパーを使っているうちに金具が飛び出して、フロントガラスに傷をつけないように気をつけなくてはならなくなりました。

フロントガラスに傷がついたりすると面倒なことになってしまうので、そのうち新しいワイパーゴムを買ってこようかと思います。