3月に、スノボに行ったら事故に!

navigatorもう3月だし、道路に雪がなくて安心していたら

春先のスノボは早朝に自宅を出発して、午前が勝負

今年の冬は例年とは比べものにならないくらいの厳しい寒さで、積雪も全国的に多かったようです。少し前までは”地球温暖化・暖冬・ゲレンデは雪不足”というのが冬のキーワードでしたが、今年は「○年以来の豪雪」「厳冬、とても寒くて厳しい冬」とくり返し報道されていました。

スノボ好きにとっては雪がたくさん降ってくれるのはうれしい限りですが、地域によっては雪があまりにもたくさん降ったがために、雪降ろし作業中に屋根から転落して亡くなった方がいらっしゃったり、日常の生活の様々なところに悪い影響が出ているのを目の当りにすると、いくらスノボ好きでも複雑な心境になってしまいます。

今シーズンは3月に入っても何度か活発な低気圧がやってきて、わたしの住んでいるところではドカ雪(一度に大量に降る雪)が何度か降りました。それでもやはり3月も中旬を過ぎると、あたたかい春が近づいているのを感じます。

少し時間が出来たので、朝早めに家を出てスノーボードに行ってきました。3月にスノボに行くのであれば、わたし的には朝から午前中くらいが、良いコンディションでゲレンデを滑走できる貴重な時間と考えています。朝のうちはゲレンデの表面は凍っていることが多いですが、時間の経過とともに気温が上昇して雪はゆるんでいきますし、多くの人たちが滑走すればゲレンデは確実にシャーベット状になっていきます。

「スキー場のオープンと同時に滑り始めたい!」「みんなが滑る前に滑りたい!」くらいの気持ちなので、ついついアクセルを余計に踏んでスキー場までの道のりを急いでしまいます。

「あせる気持ち」、「急ぐ気持ち」が事故を呼ぶ

13001-1

3月中旬の午前7時半頃、ゲレンデに向かって出発しました。道路わきには雪が残っていますが、クルマが走行するところにはまったく雪が無くスムーズに走行できます。

13001-2

日当たりのよいところは路面も乾いています。おだやかな陽射しや、空の青さからも春を感じます。
車内の暖房も、1月・2月と比べるとかなり弱くして走っています。

もう少し走ると、この先は見通しの悪い急カーブ連続の山坂道・峠道を走行しなくてはなりません。

13001-7

13001-3

峠道をしばらく走ったところで、異変が!
対向車線にクルマが数台停車していて、片側交互通行となっています。
お巡りさんが道路上に立っていて、わたしのほうに「止まって待つよう」指示されました。
なにかあったようです。
このあたりは道路わきに残っている雪もかなり多いです。

13001-4

対向車線に止まっている車列の真ん中にパトカーが停まっています。
やはり事故のようです。おそらく路面の凍結が原因でスリップしてしまい、事故を起こしてしまったのではないかと思われます。

13001-5

パトカーのうしろのトラックの荷台には、ボディがつぶれた(事故に遭ったと思われる)クルマが乗せられていました。

峠道、日陰の山坂道の部分的な凍結が怖い

峠道に入る手前の日当たりの良い道路は凍結していませんでしたが、上の写真のような周囲が樹木で覆われたた峠道では注意が必要です。除雪車が道のわきによけて固まった雪が、日中は陽射しが当たったり、気温の上昇などによって雪が溶けて水分が道路に流れ出します。

この雪解け水が夜から朝にかけては気温が下がって凍結してしまいます。ドライバーの心理として道路全体が凍っているとかなり警戒しますが、まだら状というか、ところどころが凍ったような状態は、ドライバーにとっては気付きにくかったり、「大したことはないだろう。」と、つい油断したりしてしまいます。

13001-6

撮影した画像を拡大してみると、樹木で日陰になっている黒い部分が凍結して白くなっているのがわかります。カーブが続く山坂道ではオーバー・スピードでカーブに突入してしまってから、慌てて急ブレーキを踏んだりすると、このような路面状況ではかなりの確率でスリップしてしまいます。

スリップして対向車線にはみだしたところに、運悪く大型トラックが来てしまったら・・・、重大な事故になってしまう可能性もあります。
このように日当たりの良い道路と、日陰の道路、峠道・山坂道ではまったく事情が変わってきます。3月とは言っても、途中の道路沿いに設置されているデジタル温度計の表示は0℃しかありませんでした。

春スキー・春スノボに早朝から出かけるときは、くれぐれも路面状況に注意を払いながら、気持ちに余裕を持って運転するように心がけたいものです。