今シーズンから「スノーボードを始めてみよう!」という人。スノボが「まったく初めて」という人。そんな「スノボー初心者さん」の疑問・不安・悩みを解決します!「スノボ入門本」や「スノボーHow to本」を購入したり、スノーボードのレンタルDVDなどを見る前に、ネットで、すべて無料で情報収集してみませんか?

友達に差をつける!自宅で出来るスノボ練習その2

  • HOME »
  • 友達に差をつける!自宅で出来るスノボ練習その2

自宅で出来るスノボ練習2

navigator基本姿勢は、とても大切です。
「ゲレンデに行く前に差をつけよう!」

 

ウェアを着てブーツを履いてボードを装着した状態で、自分がゲレンデを颯爽(さっそう)と滑る姿をイメージしてみてください。どうです?いけそうですか(^^;)

「楽勝だよ!」という方も、今どういう姿勢で立っていますか?

棒立ち(棒のようにビシッと直立)だったりしませんか?

スノーボードには基本姿勢というものがあります。

基本姿勢とは?荷重(かじゅう)とは?

前項からの続きでバインディングをセットしたスノーボードがある人はブーツも履いて実際の状態でやってみましょう。

まだボードも何も持っていない人はそのままの格好で構いません。

両足を肩幅より少しだけ広げて直立します。このまま膝(ひざ)を曲げて腰を少しずつ落としながら、両方の手のひらを太ももの真ん中に置いてください。

中腰の状態になりました。両手を太ももから離して軽く広げます。
顔を進行方向に向け、上体も少しだけ進行方向に向けます。両腕も上体と一緒に自然に動かしてください。

膝を曲げたり伸ばしたりしながら、両方の手のひらを下に向けて床方向を押さえるイメージを持ってください。背中を丸めて前かがみにならないように、常にボードの真ん中に乗るように意識します。

この状態がスノーボードの基本姿勢になります。

直立しているときより安定感が増し、膝を曲げ伸ばしすることでゲレンデのギャップ(デコボコ)を吸収してくれます。膝を曲げて腰を落とすことでボードに力がかかり荷重(加重)される感覚がわかると思います。

kajyuu

 

 

 

 

怪我をしない転び方

転び方を知らずに(練習せずに)スノーボードをはじめるのは、とても危険です。

転ぶときの注意点は、「無造作に転ばない」ことです。

少しわかりにくいかもしれませんが、後ろ方向に倒れたときに無造作に転んでしまうと後頭部を強打してしまい、とても危険です。

このとき両手で頭を抱えたり、体を丸めながら、首を前方に曲げて臍(へそ)を見るようにすることで、後頭部への衝撃を避けることができます。
また、柔道の受身のような態勢をとることも効果的です。

前方へ転倒するときは野球のヘッドスライディングのように両腕を伸ばして滑り込むようにすることで衝撃を分散することができます。

転倒した瞬間はボードがゲレンデに引っかかってしまうことがあります。足を上げてボードは雪面から浮かせるようにしましょう。

「初心者が転んだとき、とっさにこのような行動がとれるものですか?」と聞かれたら「難しいかもしれません・・・。」とわたしは答えざるを得ませんが・・・。

それでも何も知らない人よりは、怪我をしてしまう可能性は低くなると思います。

完璧な行動はすぐには出来ないかもしれませんが、意識することで徐々に、少しづつでも身についていくものではないかと思います。

PAGETOP