今シーズンから「スノーボードを始めてみよう!」という人。スノボが「まったく初めて」という人。そんな「スノボー初心者さん」の疑問・不安・悩みを解決します!「スノボ入門本」や「スノボーHow to本」を購入したり、スノーボードのレンタルDVDなどを見る前に、ネットで、すべて無料で情報収集してみませんか?

いきなりリフトに乗る?乗らない?

  • HOME »
  • いきなりリフトに乗る?乗らない?

いきなり、リフトに乗る?

navigator必ずいるんです、こういう人

僕は行かないよ。(こわいから・・・。)

準備運動も完璧にやって、リフト券も買って、皆でリフト乗り場にやって来ました。

「さあ、上(山頂)へ行くぞ~!」とメンバーのひとりが言い出しました。

スノボ初体験のあなたは、上(山頂)と言われてもどういう状況なのかわからず、返事に困ってしまいます。さらに「皆で行けば大丈夫だよ。」なんて言っています。

あなたならどうしますか?

山頂には何がある

「スケーティング」や「横滑り」という最低限の移動方法や「止まること」が出来ない(わからない)状態で、いきなりリフトには乗らないほうがいいとわたしは思います。

上(山頂)と言われても、わけがわからないわたし(初心者)は、不安になりながらも、皆に促され恐る恐るリフトに乗って、必死の思いでリフトを降りて、着いたその先は・・・。

とてつもない急な斜面に感じます。膝はガクガク、ブルブル。震えが止まりません。

「こんなとこ、どうやって滑ればいいの???」

おそらく目の前が真っ暗(真っ白?)になります。

gake

 

 

 

 

初めてのスノーボード。リフトに乗って山頂に行ってみたら・・・

ひとりで練習する?

みんながリフトに乗って山頂に行ってしまって、あなたひとりが残されたらとても悲しくなってしまいます。こんなことにならないように、あらかじめ自分はスノーボードをするのは、初めてだということを十分にアピールしておきましょう。

仲間の誰かに、教えてくれるようお願いしておくといいと思います。

ただし、スノーボーダーはゲレンデに来ると、やっぱり滑りたいんです。ちょっとうまい人がそばを滑って行ったりすると、ムズムズしてきます。

(俺の方がもっとうまいぞ~。俺もガンガン滑りて~。)なんて具合に。

ある程度滑り方を教えてもらったら、教えてくれた人に「教えてくれて有難う。少し自分で練習してみるから、○○くん(○○さん)は滑ってきて!」と言ってあげるとgoodです。

もし「誰もおしえてくれない」、「皆、山頂に行っちゃった。」という場合でも途方に暮れることはありません。このサイトを最後まで読んでいただければ「なにをどうすればいいのか、まったくわからない?」ということはないと思います。
やるべきことがわかれば、繰り返し練習すればよいのです。

せっかくスキー場に来たのですから、自分なりに楽しむ、あるいは練習をしてみるといいと思います。

初心者がスノーボードを教えてもらうならこういう人がオススメ

・スノーボードを初めて2,3年、基本をしっかり学んだような人
経験が浅くても、初心者の気持ちや、自分も苦労したポイントがわかるので教わりやすい。

・ホンモノの資格、インストラクターなどの資格を持っている人
しっかりした資格を持っている人から、教えてもらうのはベストでしょう。

初心者にとって手ごわいのは、運動神経が抜群に良すぎるような人、自分だけですぐにマスターできてしまうような人。こういう人は教えられる人も同じタイプでないと、説明も理解しにくいことが多いようです。

もちろん教える人、教えてもらう人、双方の性格・相性なんかもあると思います。

「ほめられて伸びるタイプの人」もいれば、「厳しくビシビシしごかれて伸びるタイプの人」もいますので・・・。

この辺を的確に察知して、初心者の気持ちを理解しながら教えてくれるような人が最適なのかもしれません。

基本姿勢と転び方の練習

事前に室内でやってみた基本姿勢を、ゲレンデの端の平らなところで再度やってみましょう。その場所で、両手を軽く広げて、進行方向を見て、膝を曲げたり伸ばしたりするだけで十分です。
転び方も説明しました、憶えていますか。後方、前方への転び方を雪の上で再度確認しながら練習してみましょう。

この後のページで「横滑り」「木の葉落とし」「斜滑降」「ターン」についても記載していますので是非ご覧下さい。

なにごとも経験?と考える人もいます

「やっぱりひとりで練習しても楽しくない・・・。」という人は、皆と一緒にリフトで山頂へ行ってみるのもいいと思います。”百聞は一見に如かず”とも言います。自分自身で山頂がどういうところなのか見ておくことも経験にはなると思います。

ただし前述したように、降りてくるのはかなり大変だと思います・・・。

はじめての体験で嫌な思いをすると、そのことがトラウマとなって「2度とスノーボードなんかやりたくない!」となってしまうこともあります。

トラウマ【trauma】精神的外傷(せいしんてきがいしょう) 。恐怖・ショック・異常経験などによる精神の傷。神経症やヒステリーなどの精神障害の発生因となる。
※Yahoo!辞書より引用させていただきました。

PAGETOP