今シーズンから「スノーボードを始めてみよう!」という人。スノボが「まったく初めて」という人。そんな「スノボー初心者さん」の疑問・不安・悩みを解決します!「スノボ入門本」や「スノボーHow to本」を購入したり、スノーボードのレンタルDVDなどを見る前に、ネットで、すべて無料で情報収集してみませんか?

雪の上でスノボの基本を確認しよう

  • HOME »
  • 雪の上でスノボの基本を確認しよう

ゲレンデで、スノーボードの基本を確認しよう

navigatorボードと仲良くなろう!

「よろしくおねがいしまーす。」

まずは、雪の上を歩いてみよう

はじめは歩く(移動する)だけでも非常に苦労する人もいます。上から下まで完全武装?してボードを片足にくっつけて雪の上を歩くのですから^^

日常生活でこのような状況はあり得ません。誰でも最初は苦労していますから少しずつ慣れていってください、誰もが通る道です。

ゲレンデの雪の状態(雪質)にも注意してみてください。転んでも痛くないフカフカの雪であれば初心者の練習には最適です。この雪質は歩くのもラクです。初めてスノボに行ったゲレンデがこのような雪質だったとしたら、あなたはかなり運のいい人です。

逆に最も不運なのはアイスバーンのゲレンデでしょう。ゲレンデがカチンカチンに凍って、ツルツル滑ります。転んだときの痛みも殊更(ことさら)です。
近くを滑って行くスノーボーダーの滑る音も「ガリガリガリー」と氷を削るようなイヤな音がします。

それでも日中になって気温が少し上昇すると、ゲレンデの雪質もいくらか溶けて柔らかくなることもあります。その日の、その時々のゲレンデコンディションを意識しながら練習してみてください。

リフトに乗る場合など短い距離を移動するときは、前足だけをボードにセットした状態で歩くことになります。はじめのうちはかなり歩きにくいと思います。後ろ足をボードの右側にするか、左側にして歩くかだけでも微妙に違います。両方やってみましょう。

skating001

 

 

 

 

スノーボード、歩くとき後ろ足は右?左?

(注意してください)上のイラストでは後ろのハイバックが立ったままになっていますが、転倒したときにお尻や股間にハイバックが突き刺さって骨折、打撲などの相当つらいケガをしてしまうこともあります。後ろ足をバインディングからはずしたときはハイバックを常に倒しておくようにしてください。

ゲレンデの端の斜面を少し登ってみることで、雪面にエッジを立てる感覚がわかります。

斜面でボードをセットする場合は座ってお尻をついてやりますが、このとき踵(かかと)側のエッジを少し立てるようにするとボードが滑らず安定します。
硬めの雪質のときはボードのエッジで雪を少し削るようにすると、足場が安定します。

方向転換してみよう

ボードを片足だけセットした状態で方向転換してみましょう。後ろ足を軸にして前足を回して方向を変えます。慣れるとなんでもないことですが、はじめのうちはボードの長さや重さに戸惑ったりします。

両足をセットした状態でお尻をついた状態(座った状態)からの方向転換は、頭・背中を雪面に倒して足(ボード)を上げます。このまま上体を移動したい方向に捻(ひね)れば方向転換できます。寝返りを打つ感じです。

両足をセットしてジャンプしてみよう

両足をセットして基本姿勢からその場でジャンプしてみましょう。バランスよくジャンプできれば着地も安定します。バインディングが緩んでいる場合、足元がグラグラしてしっかり締まっていないことがわかります。
ジャンプしながら体を捻(ひね)ることでも方向転換できます。上半身だけでなく下半身の捻りも必要です。

ボードのしなりを体感してみよう

スノーボードはしなることで、曲がったり、高く飛んだりすることができます。両手を広げてバランスをとりながら、前足に体重をかけて後ろ足を浮かせてみましょう。前足だけで立つようなイメージです。
ボードがしなることで簡単に後ろ足を浮かせることが出来ます。逆もやってみて重心を移動する感覚がわかればOKです。

※一気に重心を移動するとバランスを崩して、転倒することがあります。注意してください。

脚力のあまりない女性や、極端に固いボードの場合は難しい場合もあります。

PAGETOP