今シーズンから「スノーボードを始めてみよう!」という人。スノボが「まったく初めて」という人。そんな「スノボー初心者さん」の疑問・不安・悩みを解決します!「スノボ入門本」や「スノボーHow to本」を購入したり、スノーボードのレンタルDVDなどを見る前に、ネットで、すべて無料で情報収集してみませんか?

スケーティングの練習、これ大事です

  • HOME »
  • スケーティングの練習、これ大事です

スケーティングの練習

navigatorスケーティングは、とっても大事です!

「スケーティン??って、なにかしら?」

スケーティングとは

スノーボードでゲレンデを滑るときは、両足をバインディングにセットして固定した状態で行いますが、リフトに乗るときは前足だけをセットした状態で移動し、リフトを降りるときは、後ろ足をデッキパッドの上に乗せて(バインディングに固定しないで)滑ります。

前足だけをセットして短い距離を移動したり、滑ったりすることを、スケーティングと言います。

自分で勢いをつけるスケーティング

ゲレンデで短い距離を移動するときは、バインディングで固定した前足に重心を乗せながら(バランスをとりながら)、後ろ足で雪面を蹴(け)って、ボードを前方に進めて移動します。ボードは自分が進みたい方向にまっすぐに向けてください。

ボードをまっすぐに向けると、上体や足の向きがねじれた状態でやりにくいと感じると思いますが、スケーティングはこの状態でやることになります。
はじめはやりにくいと感じるかもしれませんが、繰り返し練習すればそれほど難しいものではないと思います。

前足をまっすぐのばした状態では、うまく重心が乗りません。ひざを軽く曲げて、バランスをとりながらやってみてください。

リフト降り場でのスケーティング

リフト降り場は多くのスキー場で「緩い斜面」→「平らな場所」という感じになっています。リフトを降りたら、後ろ足はデッキパッドに乗せて、重心をボードの真ん中におくようにして、真っ直ぐに滑ります。平らな場所に行くと自然に止まります。

スケーティングで右に左に曲がる、停止する

スキー場によってはリフト降り場のスペースが狭いため、曲がらなければ止まれないケースもあります。

曲がる場合は基本姿勢からさらに態勢を少し低くしながら、上体と腕をゆくっり曲がりたい方向に向けます。後ろ足はバインディングで固定されていませんので滑らないように注意してください。上体を低く構えてエッジに乗るような意識を持つことで曲がり、リフト降り場は緩い斜面から平地になっているので自然に止まります。

後ろ足を押し出すようにしてボードのテール(後ろ)をずらすことでも、減速して止まることができます。≪バックサイド(かかと側)に乗ってかかとを押し出すようにする≫こちらのほうがやりやすいかもしれません。

緩い斜面でもやってみよう

後ろ足をバインディングの間のデッキパッドに置いて、基本姿勢を意識しながら滑ります。止まるときはひざを曲げて低い姿勢になって(腰を落として)停止させます。

フロントサイド(つま先側)からの停止、バックサイド(かかと側)からの停止、両方やってみましょう。これが簡単にできる人は、このあとのターンの上達も早いようです。

スケーティングは基本中の基本であり、大事な練習ではありますが、ある程度練習したら両足をセットして実践的な滑りの練習をする時間を多くしたほうが効率的です。

PAGETOP