今シーズンから「スノーボードを始めてみよう!」という人。スノボが「まったく初めて」という人。そんな「スノボー初心者さん」の疑問・不安・悩みを解決します!「スノボ入門本」や「スノボーHow to本」を購入したり、スノーボードのレンタルDVDなどを見る前に、ネットで、すべて無料で情報収集してみませんか?

いよいよスノボの実践編に入ろう

  • HOME »
  • いよいよスノボの実践編に入ろう

スノボの実践練習を、始めよう!

navigatorこのページから実践的なスノボの滑り方の説明になります。

ここから先の練習は緩斜面(初心者向けのコース)で、練習したほうが効果的です。

限りなく平らに近い場所では、ボードが滑らず練習になりません。前項で紹介したスケーティングが出来るようになったら、リフトに乗って練習してみましょう。

ただし「リフトに乗るのは、ちょっとまだ怖い。」という人は無理にリフトに乗る必要はありません。その代わり少し大変ですが、ゲレンデの端(はし)をハイクアップして(ボードを外して背中に背負って歩いて)登ります。適当な高さまで登ったら、腰を下ろして両足をセットしてはじめます。
スノーボード初心者の多くは、最初はこのやり方で滑り方の練習をしています。

実践的な滑り方の前に「逆エッジ」について説明します

逆(ぎゃく)エッジ

逆エッジとは、ボードの谷側(ゲレンデ下方向)のエッジが雪面に引っかかって、谷側に体が投げ出されてしまうことを言います。自分が意識している側と反対側のエッジが立つと、突然雪面にたたきつけられるように倒れてしまいます。

スノーボード初心者が、わけがわからないまま転んでしまった、ケガをしたという場合「逆エッジ」が原因のことが多いです。

対策はいくつかあります。

①自分が今滑っているエッジに意識を集中させ、反対側のエッジを引っかけないよう注意する。言うのは簡単ですが、初心者の方にはちょっと難しいかもしれません。

②転び方の項で説明しましたが、「前方に転びそうになったらヘッドスライディングする。」「後方に転びそうになったら、上体を丸め(アゴを引いて)後頭部を雪面で強打しないようにする。」

これは初心者の方でも、反射神経の特に優れている人は出来るかもしれません。

逆エッジは「あっ・・・、転ぶ。」と思った瞬間には雪面に倒れこんで(叩きつけられて)しまいます。

③「自分で逆エッジを、わざとやってみる。」ゆっくり滑りながら、自分で逆エッジの状態にしてみる。実際の逆エッジは突然、油断したときなどにやってしまうのでかなりの衝撃ですが、わざと自分でやってみることで「こういう感じか。」と理解できると思います。

さらに前方へはヘッドスライディング、後方へは体を丸めて倒れこむ練習をしておけば、ひどい怪我はかなりの確立で避けられます。

逆エッジの起こりやすい場所

ボードの扱いに慣れていない初心者の場合は、場所を選ばず逆エッジに見舞われてしまうことが多いのですが、スノボ暦数年の人が斜面を順調に滑り降りて、リフト乗り場近くの平らなところで逆エッジで転倒することがあります。

微妙に平らなところの方がエッジを引っかけやすいようです。

次のページは、スノボの滑り方の基本中の基本と言われる「横滑り(よこすべり)」の説明です!

PAGETOP