今シーズンから「スノーボードを始めてみよう!」という人。スノボが「まったく初めて」という人。そんな「スノボー初心者さん」の疑問・不安・悩みを解決します!「スノボ入門本」や「スノボーHow to本」を購入したり、スノーボードのレンタルDVDなどを見る前に、ネットで、すべて無料で情報収集してみませんか?

基本中の基本、横滑りの練習

  • HOME »
  • 基本中の基本、横滑りの練習

navigator最初は横滑りで、ズルズルいこう。

「足が痛くなってきました・・・。(速)」

横滑り(サイドスリップ)について

スノーボードの最も初歩的(基本的)な滑り方が横滑りです。サイドスリップとも言います。
「横滑り」とありますが、横方向(右方向、左方向)に滑るわけではありません。
はじめて聞くとわかりにくいかもしれません。

斜面に対してボードを真横にします。このとき上体もまっすぐ、下方向を見ています。エッジを雪面にくい込ませた状態(エッジを立てた状態)だとボードは止まっていますが、少しずつエッジ、角づけをゆるめるとボードが滑り出します。

ボードをずらしながら斜面を真っ直ぐにズズズズーッと滑り降りていく、これが横滑りです。横滑りが出来るようになれば、どんな急な斜面も降りてくることは可能です。

つま先側のエッジを使う「フロントサイドでの横滑り」と、かかと側のエッジを使う「バックサイドの横滑り」があります。

「ボードを押し出すようにやってみて」と指導する人もいますが、エッジを立てた状態から徐々に緩める、止まるときは徐々にエッジを立てるという感覚の方があっているように思います。
腰を落としてエッジをきかせるとボードへの荷重が強まりぴたっと止まることが出来ます。

角づけを緩めることによってボードがずれていく感覚、ボードがフラットに雪面に接しているときの滑る感覚を感じてください。

スノーボードでは「足裏感覚」という言葉がよく出てきます。足の裏に意識を集中しながらやってみてください。

横滑り練習時の注意点

・角づけ、エッジの強弱は徐々にやるように意識してください。
一気に角づけすると急停止。エッジを急に緩めると、一気に滑り出したり逆エッジで転倒することがあります。

・ フロントサイド(つま先側)を練習するときは後ろ向きで斜面を降りていくことになります。ちょっと怖いかもしれませんが、首を曲げて進行方向を見ながら姿勢を保ってバランスをとりながらやってください。

・はじめのうちはスノーボードの動きが気になって、足元ばかり見てしまいますが、顔を上げて視線は進行方向の遠くを見るように意識してください。

感覚としてしては自転車に乗っているとき、下を向いて足元ばかりを見て乗る人はいないですよね^^
自分が進む方向、周囲の状況、前方を歩いている人、遠くに見える信号などを常に把握して自転車に乗っていると思います。この感じです。

横滑りの練習はある程度斜度がないと難しい(できない)と思います。ボードを滑らせるわけですから、平地ではボードは進んでくれません。緩斜面(初心者向けの緩い斜面)でやってみましょう。

次のページでは、ゲレンデを右に左に思いのまま移動できるようになる、「木の葉落とし(このはおとし)」を説明しています。

PAGETOP