今シーズンから「スノーボードを始めてみよう!」という人。スノボが「まったく初めて」という人。そんな「スノボー初心者さん」の疑問・不安・悩みを解決します!「スノボ入門本」や「スノボーHow to本」を購入したり、スノーボードのレンタルDVDなどを見る前に、ネットで、すべて無料で情報収集してみませんか?

右に左にゆらゆら、木の葉落としの練習

  • HOME »
  • 右に左にゆらゆら、木の葉落としの練習

navigatorスノボの滑り方の基本を教えて!!

「早く、カッコよく滑れるようになりたいなー。」

木の葉落としについて

枯れ葉が地上に落ちるとき、右に左に揺れながらユラユラ落ちます。
こんなイメージでゲレンデを右に左に滑っていきます。ペンジュラムとも言います。

これは混雑したゲレンデを安全に滑る(移動する)ためには欠かせない技術です。
衝突を避けるためにも、自分が滑り出す前には、ゲレンデの上の方から滑り下りてくる人がいないか確認してからはじめましょう。特にバックサイドは後方から来る人に気付きにくいです。

右に左に自由に移動できるようになると、「スノボをやっている」という気分になってきます。

バックサイドの木の葉落とし

斜面に対してバックサイド、かかと側を背にして正面を向いてください。
基本姿勢のままエッジをすこしずつゆるめ、左足に少しずつ荷重することでボードは左に進もうとします。動き出したらそのまま左方向に進んでください。
止まるときは、右足に荷重しながらバランスはボードの真ん中に置いてエッジを静かに立てるようにしてください。するとボードは止まります。

今度は右足にすこしずつ荷重してみてください、エッジを緩めながら。
右方向にボードが動き出します。エッジを徐々に立てながら左足に荷重し全体でバランスをとると止まります。

これをくり返すことが木の葉落としです。

フロントサイドの木の葉落とし

斜面に対してフロントサイド、つま先側で立ちます。ゲレンデの下方向に背中を向ける格好になります。後方が見えなくて怖いと感じるかもしれませんが、緩斜面から始めて慣れていきましょう。
やり方はバックサイドと同じ要領です。

スピードをコントロールしながらやってみてください

ひざや足首を柔らかく使って、左右の足への荷重、切り替えを意識しながらやってみましょう。エッジを立てるだけでなく状態を低くする(腰を落とす)ことで、停止がやり易くなります。
慣れてきたら、少しずつスピードを上げて、バックサイド、フロントサイド両方でできるように練習しよう。

自分が進みたい方向の足に荷重することで、ボードは自然とそちらに動き出します。

かじゅう【荷重】 とは
1 貨物自動車などの荷の重さ。
2 機械や構造物の全体または部分に加わる力。

次のページではターンを習得する一歩手前の斜滑降(しゃかっこう)を説明しています。

PAGETOP