今シーズンから「スノーボードを始めてみよう!」という人。スノボが「まったく初めて」という人。そんな「スノボー初心者さん」の疑問・不安・悩みを解決します!「スノボ入門本」や「スノボーHow to本」を購入したり、スノーボードのレンタルDVDなどを見る前に、ネットで、すべて無料で情報収集してみませんか?

ズレないように!斜滑降の練習

  • HOME »
  • ズレないように!斜滑降の練習

navigatorターンの前に、斜滑降をしっかり習得しよう。

出来そうで出来ない斜滑降?「ズレてませんか?」

斜滑降は、滑るラインを意識して

ゲレンデを斜めに滑ることを斜滑降(しゃかっこう)と言います。
「前のページでやった木の葉落としも斜滑降では?」
そうですね。木の葉落としも、たしかにゲレンデを斜めに滑るんですが、木の葉落としと斜滑降には、微妙に違いがあります。

木の葉落としは、自分が滑っているラインをあまり意識しないで、なんとなく右に左に移動していたと思います。今度はもう少しレベルを上げて、自分の滑るラインを意識して滑ってみましょう。

基本姿勢を保ちながら、斜面をずり落ちないように山側のエッジをしっかり角づけしてください。視線は常に進行方向です。エッジのラインに乗るような意識を持って滑走してみてください。自分の滑走ラインはエッジの跡が1本だけキレイに残るように。
この滑りが斜滑降です。

停止の練習もしましょう

停止のきっかけとして、少しだけ立ち上がって重心を高くする(立ち上がり抜重といいます)、続けて重心を下げて両足に荷重してエッジに力を加える(荷重する)ようにして止まります。徐々にスピードを上げたり、思い切り体を低くしてやってみましょう。自分の思ったところでしっかり止まれるようになると、すべりの範囲が広がります。

つぎは斜滑降と停止を連続してやってみましょう
停止といっても完全に止まるのではなく、完全に止まってしまう前にまた斜滑降を始めます。フロントサイドもバックサイドも何回もやってみましょう。

これを繰り返し行うことで、ターンのきっかけがつかめるようになります。
また上体の重心移動やエッジを雪面に角づけする感覚が理解できるようになります。「スピードをコントロールする」、「ゲレンデで衝突を回避する」ときなどにも使えますのでしっかりマスターしてください。

後傾(こうけい)に注意

スノーボードの動きに不慣れなうちは、体が後ろに傾いた状態(後傾)になってしまうことがあります。後傾のままではボードをコントロールすることが出来なくなり、暴走してしまいます。これを防ぐためには、意識してボードの真ん中に乗るようにしましょう。真ん中に乗ることで、常にボードをコントロールしやすくなります。

lupin2

 

 

 

 

後傾になってしまうと、コントロール不能で暴走してしまいます。

次のページは、いよいよターンの説明です!

PAGETOP