今シーズンから「スノーボードを始めてみよう!」という人。スノボが「まったく初めて」という人。そんな「スノボー初心者さん」の疑問・不安・悩みを解決します!「スノボ入門本」や「スノボーHow to本」を購入したり、スノーボードのレンタルDVDなどを見る前に、ネットで、すべて無料で情報収集してみませんか?

みんなこれがやりたい!ターンの練習

  • HOME »
  • みんなこれがやりたい!ターンの練習

スノーボード、ターンの練習

navigatorターンができるようになれば。

「これで僕も立派なスノーボーダーだよ!」

もしあなたが初めてスノーボードに行ってターンができるようになれば、かなりの腕前です。初めてのスノボは、予想外のボードの動きに面食らったり、ウェア・ゴーグル・グローブ・ブーツなどが邪魔に感じて、半日程度でヘトヘトに疲れてしまう人もいます。
初めて行ったスノーボードでは、ターンまで進めない人の方が圧倒的に多いのではないかと思います。

そうは言っても、ターンは決して超難関というわけではありません。何回か練習して、谷方向(ゲレンデの下方向)へ滑って行く恐怖心がなくなることで、意外なほど簡単にできるかもしれません。
最初のうちは格好がわるくても、すぐに転んでしまっても、クルッと回れる瞬間を何回か体験すると徐々にターンのコツがつかめてきます。

山回りのターン

最初は斜滑降から山回りのターンをやってみましょう。斜滑降から停止ではなく、弧を描いて山側(ゲレンデの上方向)に登るようにして止まります。

徐々に斜滑降から直滑降に近づけて、スピードを増してやってみましょう。
ターンに入る前に立ち上がり抜重して上体をターンする方向に向ける先行動作をするとボードは自然に回ってくれます。
ボードが向きを変え始めたら、エッジをきかせながら上体を低くして重心を下げて、停止します。フロントサイド、バックサイドやってみて下さい。

谷回りのターン

次に斜滑降から谷回りのターンをやってみましょう。こちらは谷(ゲレンデの下)に向かうためスピードが出やすく、転倒もしやすいです。緩斜面からはじめましょう。

斜滑降から、立ち上がり抜重をして、エッジを切り替え、上体をわずかに開いて、視線は自分が進みたい方向に向けながら、エッジに荷重する。
これで曲がれるんですけど・・・・・。少しわかりにくいでしょうか^^;

腕を振ったり、上体を必要以上に開いてターンしようとする人もいますが、抜重、荷重ができて、重心がボードの真ん中にあればボードが持っている曲がろうとする機能で自然と曲がれます。
と言っても経験したことのない人にとっては理解しにくいかもしれません。

このあたりは実際にゲレンデで練習してみるとおわかりいただけると思います。

山回り・谷回りのターンを連続して行うことで、ターンは完成します。

ドリフトターン

このターンはボードをずらしながら、ターンするのでドリフトターンと呼ばれます。
ドリフトターンをマスターしたら、次はボードをずらさないでかなりのハイスピードで滑走できるカービングターンというのがあります。
スノーボードを3シーズン(3年)以上やっているけど、カービングターンはできないという人はかなり多いようです。

初心者の場合、まずはドリフトターンを連続してできるようになることで、スノーボードの楽しさは存分に味わえると思います。

PAGETOP